ホーム > 脱毛 > 丘陵地帯が多い結果

丘陵地帯が多い結果

神奈川県は西にいくほど丘陵地帯が増えていく。たとえば、正月の箱根駅伝でも走る東海道でも、横浜市街地から数キロ先には権太坂があり、藤沢市街地前の遊行寺坂までアップダウンが繰り返される。痛いvio脱毛で嫌な思い出のある神奈川の内陸都市もそうだけれど、沿岸部も三浦半島は坂だらけ。平坦な道を探すほうがかえって難しい。 

 

自転車にとって坂はしんどいし、できれば避けて通りたい。けれどもそれがスポーツになると、坂を好んで走りたいという人も出てくる。ロードレーサーでも、平坦な道でスピードを出すのを得意とする選手と、坂道をぐんぐんのぼるのを得意とする選手がいる。 

 

身体作りという点では、平坦な道を走るのは脂肪燃焼に適しているといわれる。一方、坂道を走るのは足に負荷がかかるので筋力がつく。自転車選手は、基本的にスリムな身体だけれど、坂道を好む人は足ががっしりしている。 

 

ただ、坂道は見通しが悪かったり、道路の状態がよくなかったりすることもあって、場所選びはしっかりしておかないといけない。神奈川県では、ヤビツ峠が有名である。10kmくらいの急坂が続く場所で、ヒルクライムには最適とされているけれど、もちろん自転車専用道ではない。そのため、自動車や歩行者、自転車同士の接触事故が少なくない。 

 

一方、スポーツ自転車の人気を受けて、各地でのレース、大会も活況を呈しつつある。この大会は、MAZDAターンパイク箱根の自動車専用道路を利用して行われたようだ。名前から察するとおり、マツダがネーミングライツを取得した有料道路である。 

箱根の名前を冠しているけれど、火山活動が懸念されている大涌谷からはかなり南に位置しており、ひと山ふた山先にあるので、ほとんど影響はなかったはずである。新緑の匂いが漂うなかでペダルを漕ぐのはまた格別だっただろう。自動車との接触を懸念する必要もなければなおさらである。 

 

観光地などで、こうした有料道路は少なくないけれど、利用者が伸び悩んでいるところもある。こういうイベントを行うこともまた、いい試みになるかもしれない。さすがに自転車専用の有料道路となると商売的にどうなのかというところかもしれないけれど。 


関連記事

いくつもの脱毛エステを比べてみて...。
女性であろうとも、男性ホルモンの一種であるテストステロンが分泌されていますが、年...
春が来てから膝下脱毛を始めるよりも
日焼けをしてしまっている人は、「脱毛はできない」と言われてしまうので、脱毛する時...
丘陵地帯が多い結果
神奈川県は西にいくほど丘陵地帯が増えていく。たとえば、正月の箱根駅伝でも走る東海...